「非正社員」数トップのあの企業 「率」は50%より上?下?

印刷

   政府が「同一労働同一賃金」実現に向け動きを活発にしている。安倍晋三首相は国民との対話集会(2016年2月28日)で、同一労働同一賃金の実現などに取り組むとあいさつした。

   非正規社員の待遇改善を期待する声の一方で、「正社員が非正規並みの待遇に下がるだけでは」など、否定的な意見も根強い。このほど、「非正社員の多い企業」ランキングが公表され、注目を集めている。

2位は日本郵政

正社員との「壁」
正社員との「壁」

   ランキングは東洋経済オンラインに掲載(「最新!これが『非正社員の多い』トップ500社」16年2月22日)。

   トップはイオンで、非正社員(臨時従業員)数は24万7052人。全従業員に占める比率は66%と過半数だ。2位は日本郵政で16万236人(比率41%)、3位は日本電信電話で10万1648人(比率30%)。

   トップ10内で非正社員の比率が50%を超えるのは、非正社員数4位のセブン&アイ・ホールディングス(63%)、6位のニチイ学館(比率83%)、8位のゼンショーホールディングス(比率87%)、9位のすかいらーく(比率88%)となっている。

   ランキング記事は、公開後約1週間の時点(3月1日)で、同サイトの週間アクセスランキング2位(月間4位)などと注目された。

   ツイッターでは、記事の読者から「正社員にしない冷たい企業なのか、沢山雇ってくれる優しい企業なのか」といった指摘も寄せられていた。

   安倍首相は、都内で2月25日に開かれた海外機関投資家向け会合でも、「同一労働同一賃金」の実現に意欲を示したうえで、「正規雇用と非正規雇用の壁を取り払います」と宣言してみせた。「壁」がなくなる日は、本当に来るのだろうか。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中