テキーラショット飲み続けて踊る40代 20代が彼らに感じる「ギャップ」とは

印刷

   もうすぐ年度末。歓送迎会など、職場の「飲みニケーション」が増える時期だ。そんな「飲みの席」で、あらわになるのが「世代間ギャップ」。

   ダイヤモンド・オンラインが、20代と40代の会社員100人に、「(相手に対して)世代間ギャップを感じるか?」と聞いたところ、20代では実に70%、40代では66%が、互いにギャップを「感じる」と回答した(「若手は40代上司の『このセリフ』にドン引きしている」2016年2月26日)。若手が40代に「ギャップ」を感じる場面は、1位が「飲み会」だという。一体、40代社員の何が「NG」なのか・・・?

「お酒の飲み方が合わない」

まだ飲むんですか?
まだ飲むんですか?

   アンケートでは、20代会社員に、40代との「ギャップ」を最も感じる場面について尋ねた(複数回答)。最多は「飲み会」で、40%だった。40代で、「20代相手に『飲み会』でギャップを感じる」と答えた人は27%なので、13ポイントの差がある。若手と40代は、「飲み会」で相当すれ違っている可能性も・・・?

   20代がギャップを感じる瞬間としては、他に「仕事とプライベートの優先度」が34%、「連絡手段」24%など。2位の「仕事とプライベートの優先度」は、「会社の飲み会」にも通じるところがある。「どうして、プライベートの時間を使ってまで、飲み会に参加しないといけないのか」と、感じている20代もいるのだろう。

   ツイッターでは、「職場の飲み会。私以外40代で、2まわりも違うwお父さんみたいな感じw」とか、「飲み会たのしすぎた! 笑いすぎた! 先輩みんな大好きすぎる! 40代最高!!」と、年長世代とのコミュニケーションを前向きに捉える若手ビジネスパーソン(らしき)人もいる。が、多いのは、「お酒の飲み方が合わない」という声だ。

   「久々にアホな飲み会に参加した。テキーラショット飲み続けて踊る40代、しかも皆さん偉い人。凄かった・・・」とか、「飲み会で、まだ一気飲みさせる40代はなんなの?」など、大量に飲んで、飲ませては酔っ払う40代への『呆れ』や、『怒り』を感じる若手のつぶやきが、結構見つかる。

新社会人「飲み会に参加すべき」約8割

   一方、飲み会自体には「参加したい」若手が多い、との調査もある。

   マクロミルが、2015年の新社会人にアンケートを行ったところ、「会社の上司や先輩から飲み会に誘われたら、参加したい(参加したい+なるべく参加したい)」と回答した人は 75%に達した(2015年5月29日公表)。

   理由(複数回答)のトップは、 「職場の人間関係を円滑にするため」が 75%、次いで「仕事の上で参考になる話が聞けるから」が46%、「仕事や社内の情報収集ができるから」が 45%などとなっている。すべての項目で、女性の割合が高く、中でも「上司や先輩と親しくなりたいから」では、20 ポイントも女性が上回った。新人女性は、上世代との「コミュニケーション」を重視する傾向があるのだろうか。

   ただ、ツイッターでは、若手女性とみられるアカウントが、

「他部署の40代のおじさん2人に、『この飲み会を定期開催にしよう!』と言われ、『そうですね!』って社交辞令で言ってたら、本当に月イチペースで誘われてる。メリットないから、四半期に1回くらいにしてほしいけど、言えない・・・」

と、嘆く声もあった。20代のホンネは、やっぱり分からない!?(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中