警視庁の就活セミナー、制服姿でPR

印刷

   就職活動をはじめた大学生ら約150人を前に、白バイ隊員や機動隊員らが制服や装備を着用した姿で仕事の魅力をアピール――警視庁は2016年3月13日、東京・港区の新橋庁舎で、「未来の自分を描いてみよう」と題した就活セミナーを開いた。

   警察の中にもさまざまな仕事があることを伝えて関心を高めてもらおうと、殺人事件などを担当する捜査1課の刑事や災害救助隊員のほか、音楽隊や騎馬隊、航空隊といった幅広い部署の警察官らが登場してそれぞれの仕事内容を説明した。

   同庁によると、参加した学生らのうち3分の1程度は女性だったという。

   3月14日から5日間は、本部庁舎(千代田区霞が関)1階に採用相談コーナーを開設。ツイッターなどで、「警視庁の魅力や仕事のやりがいなど、なんでも聞いてください」とPRしている。

霞が関の警視庁本部庁舎には採用相談コーナーも
霞が関の警視庁本部庁舎には採用相談コーナーも
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中