2018年 8月 19日 (日)

関電、4年連続で夏の賞与見送り 運転差し止め仮処分で経営環境一変

印刷

   関西電力は2016年3月31日、夏季賞与の支給を見送ることで労働組合と合意したと発表した。夏季賞与の支給見送りは4年連続。13年4月から実施中の賃金減額については、現在の5%から2.5%に圧縮する。

サル年の今年も夏のボーナスなし
サル年の今年も夏のボーナスなし

   関電は、大津地裁が16年3月9日に出した高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止めを命じる仮処分決定の影響で経営環境が一変。16年5月から予定していた電気料金値下げを見送ったほか、同年3月期の配当予想も4年連続の無配としていた。

   16年2月16日の日経新聞電子版では、関西電力労働組合は高浜原発の再稼働で業績回復が見込めるなどとして、同年春闘で2年ぶりに賞与を要求する方針を固めた、と報じられていた。春闘中の仮処分決定が、労使交渉にも影を落とすかたちになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中