2020年 7月 13日 (月)

「駅前で二宮金次郎に扮して1時間耐えよ」 ユニーク入社式の歴史と企業戦略

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   実は起源が不明の入社式。

   今回のテーマは番外編ながら時期もの、ということで「入社式」です。

   就活を終わった学生が社会人になる瞬間、ということでまあ関係あるかな、と(強引?)。

   と、話を強引に持って行きながら恐縮ですが、入社式の日本における起源がいつかは、はっきりしていません。

戦前から「退屈」なものだった?

駅前で、こんなかっこうで、1時間も!
駅前で、こんなかっこうで、1時間も!

   『日本就職史』(尾崎盛光、文藝春秋、1967年)には、

「新入社員教育が系統的かつ制度的におこなわれるようになったのは、ほぼ大正十年代に入ってからで、それ以前には、ほんの、一、二ヵ月、勤務時間の前後に、いわば業務の補助程度におこなわれただけのようだ」

との記載があります。この大正10年代(1920年代)に入ってから、新入社員研修の体系化が進んだことを示しています。

   新入社員研修の体系化が進んだ、ということは、この時期に入社式か、それに類する行事の整備も進んだ、と推定されます。

   戦前の1940年代には入社式についての文献も登場しますので、この時期には確立されていた、ということでしょう。

   東洋陶器(現在のTOTO)の1942年入社式についての文献は、なかなか興味深いです。

   戦時中ということか、何か事情があったのか、入社式を軽視していたのか、社長は欠席。代理の常務が取り仕切ります。

   それはいいのですが、冒頭で、

「あくびや、こくりこくり船を漕ぐやうな不緊張不真面目な事はして戴きたくない」

と、断っています。

   入社式が退屈だったのは、今も昔も変わりないようです。

   ただし、この東洋陶器の入社式、社長代理の常務の挨拶だけで2時間も語っています。イビキが出てもおかしくないところ、あくびくらい良いじゃないか、と思うのは私くらいでしょうか。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中