2016年度の中途採用9%増 即戦力求める動き強まる

印刷

   2016年度の中途採用数が3万6219人に上り、前年度に比べて9.0%増えるとの見通しを、日本経済新聞社が2016年4月24日に報じた。同社の採用計画調査(最終集計)によると、伸び率は3年連続で拡大。大卒や新卒採用の伸びが鈍る一方で、技術者を中心に成長分野の即戦力を求める動きが強まっているとみている。

求められるのは即戦力
求められるのは即戦力

   中途採用計画の前年度との比較(増加率)では、14年度が7.7%、15年度が8.7%で、年々拡大している。

   一方、17年春の大卒採用計画は11万2054人。16年春の実績に比べて10.6%増と、6年連続の2ケタ増となる。ただ、16年春の計画(14.6%増)は下回った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中