2019年 6月 21日 (金)

「赤ちゃん、もっと泣いて!」 長距離フライトの難題に米LCC社が挑戦

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   親にとって赤ちゃんを連れての旅行は大変だ。長時間、狭い空間で座っていなければならないフライトを強いられると、なおさらだろう。周囲の同乗者にしても、「赤ちゃんは泣くのが仕事」と理解しているつもりでも、いざ隣の席で泣かれたら表情がこわばり、リラックスできなくなることもある。

   このような、親にとっても、周囲の客にとっても難しいシチュエーションをかかえたフライトで、乗客全員を笑顔にするという、一見不可能にも思えるミッションにアメリカの格安航空会社「JetBlue Airways」がチャレンジ。見事に、成功した。

   さて、同社がとった方法とはどのようなものだったのだろうか。

ギャン泣きごとに次のフライトが割引に

赤ちゃんが泣くと、同乗者がにんまり
赤ちゃんが泣くと、同乗者がにんまり

   JetBlue Airwaysは4月、「FlyBabies」と名づけたキャンペーンで果敢に挑戦した。対象としたのは4月15日のニューヨーク発、カリフォルニア州ロングビーチ行きのフライト。飛行時間は約6時間。日本からタイやシンガポール、マレーシアなどへ飛ぶほどの距離に相当する。日本-ヨーロッパ間や北米間のロングフライトと比べると短いものの、赤ちゃんを連れての6時間は十分に長いと感じる距離だろう。

   サービス内容はいたってシンプル。同フライトに搭乗した赤ちゃんが全員に聞こえるほどの「ギャン泣き」をするたびに、同乗者全員が次回JetBlue Airwaysを利用する際、往復フライト代を25%オフにするというもの。「すすり泣き」ではカウントされないそうだが、赤ちゃんがしっかり4回泣くと往復チケットが無料でゲットできることになる。偶然乗り合わせた人にとってはなんとも嬉しい企画ではないか。これなら赤ちゃんが周囲を憚らず大泣きすることに眉をひそめる人も、笑顔になるに違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中