ヤマダ電機、利益3.3倍の大幅増 量から質への転換が実り

印刷
白物家電に売り場スペース割く
白物家電に売り場スペース割く

   家電量販店大手のヤマダ電機が2016年5月9日に発表した16年3月期の連結決算は、最終利益が前期比約3.3倍の303億円と大幅な増益になった。売上高は同3.1%減の1兆6127億円だったが、営業利益は同2.9倍増の581億円。同社が自ら「量から質への転換」と表現する構造改革が利益率の改善につながった形だ。

   同社は15年6月から7月にかけて、60店舗に及ぶ不採算店を閉店。既存店についても、採算のよい冷蔵庫やエアコンなど白物家電の売り場スペースを拡大するなど、改革を具体的に推進していた。

   17年3月期については、売上高を1.3%増の1兆6330億円、最終利益を39.8%増の425億円と見込んでおり、構造改革による利益率の改善が続くと予想している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中