2021年 4月 21日 (水)

ゴチになるのも気疲れするんです 何杯まで? と悩む新人は

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

無難に「同じもの」派、最多

   上司にご馳走になるシーンとして、飲み会と同じくらい多いのが「ランチ」ではないか。

   社会人デビューを控えた学生向けのサイト「フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口」は、上司とのランチで注文する際の「適正価格」に関するアンケートを実施した(16年3月30日結果公表)。

   社会人男女458人を対象に「新人が上司とランチにいくとき、どのくらいの値段のものを頼むのがベストだと思いますか?」と質問したところ、「上司が頼んでいるものと同じもの」が298人で最多。以下「上司が頼んでいるものより安いもの」(156人)、「上司が頼んでいるものより高いもの」(4人)と続いた。

   「同じもの」派の意見は、「変に気を遣われるのも嫌」(40歳以上/商社・卸/男性)、「同じものの方が無難」(29歳/医薬品・化粧品/女性)など。「安いもの」派からは「おごってもらうのに相手より高いものは頼めない」(35歳/医療・福祉/女性)、「ごちそうしてもらうなら安いものを頼むのが普通だと思う」(25歳/医療・福祉/女性)といった声が上がっている。

   少数の「高いもの」派は、「そんなこと気にした事がない。どちらでもいいと思う」(40歳以上/機械・精密機器/男性)と回答している。

   「遠慮しないで」という言葉を額面通り受け取っていいものか――上司や先輩たちとの間合いを探る、けなげな新人たちの気遣いの日々は、いましばらく続くのだろうか。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中