2019年 2月 22日 (金)

「ハイヒール履け」冗談じゃない! 英10万人抗議、日本女性も熱く支持

印刷

   営業マンがスーツにネクタイ、革靴を「身だしなみ」として求められるのと同様、女性も職種によっては「ハイヒール」の着用を求められるケースがある。

   イギリスで、そんな伝統文化に「革命」が起きた。ある派遣の女性が職場でハイヒール着用を強要され断ったのを機に、抗議の声が広く巻き起こったのだ。

平らな靴でいけない理由あるの?

軽やか? いえいえ男性にはわからないキツさ
軽やか? いえいえ男性にはわからないキツさ

   英BBCの報道(2016年5月12日)などによると、ロンドンの大手会計事務所「PwC(プライスウォーターハウスクーパース)」に受付係として派遣されたニコラ・ソープさん(27)が15年12月、かかとが平らな靴を履いて初出勤した際、同事務所から「高さ5センチから10センチのハイヒールを履くように」と求められた。

   ハイヒールを履いて1日9時間シフトで働くのは大変だ、と派遣元のポーティコ社に訴えても、ハイヒールの靴を買ってくるよう求められたというソープさん。突っぱねると、無給で帰宅するよう命じられた。逆に「平らな靴だと仕事がちゃんとできない理由が何かあるのか」と詰め寄ると、会社側は説明できなかったという。

   ソープさんは、「企業が女性にハイヒールを強要することを違法にしよう」とオンライン署名を呼びかけ、10万人以上が賛同(16年5月12日時点)。ハイヒールをスタッフの服装規定に定めていたポーティコ社は、かかとが平らな靴の着用も認めるよう規定を見直したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中