開祖を呼び捨てとは忍びない 座主の一声で「極煎茶」の商品名変更

印刷

   特例社団法人滋賀県茶業会議所が販売している「極煎茶(きわみせんちゃ)最澄」の商品名が変更されることになった。最澄を開祖とする天台宗の総本山・比叡山延暦寺から「信仰の対象が呼び捨てにされたり、商品として扱われるのは忍びない」との意向を伝えられ、会議所側が配慮したため。滋賀県茶業会議所の担当者が2016年5月26日、J-CASTニュースの取材に答えた。

最古の茶葉産地をアピールしようと

茶の栽培は、日本はもちろん世界中に広がった
茶の栽培は、日本はもちろん世界中に広がった

   13年に発売された「極煎茶最澄」(60グラム、1080円)は滋賀県産の最高級茶葉を商品化したもので、淹れた茶の色が黄金に近く、舌触りがまろやかなのが特徴。「日本最古の茶の産地」とされる同県の茶葉をアピールするため、日本に初めて茶を伝えたとされる最澄の名前を採り商品名とした。滋賀県茶業会議所によると、茶は最澄が持ち帰った種を比叡山麓(大津市)に植えたのが国内の発祥だという。

   だが、ひょんなことから、最澄を開祖と仰ぐ天台宗の総本山から「物言い」がついた。

   16年3月、延暦寺の森川宏映・第257世天台座主の就任にあたり、滋賀県茶業会議所の担当者が「最澄」を持参。商品を見た森川座主は「自分たちの信仰対象が呼び捨てにされたり、使い終えた後にゴミとして捨てられるのは心が痛い」などといった感想を漏らした。

   延暦寺側の反応を重く受け止めた滋賀県茶業会議所は、商品名の変更を決定。16年9月15日に販売される今年産の分から名称やパッケージを変え、これまで使用していた宣伝用ポスターなどを廃棄する。

イメージを引き継いだ名前に

   新しい商品名は現段階では明かせないというが、滋賀県茶業会議所によれば、「これまでのイメージを引き継いだ名前になる」とのことだ。

   このニュースは、5月25日付けの毎日新聞電子版が報じたことでネットでも話題を集めており、ツイッターやネット掲示板などには、

「空海ってラーメン屋各地にあるけど 団体から申入れあったらまずいんかね」
「法然なら問題ないかな」
「信長に変えれば延暦寺もなにも言わんだろ」

などと騒ぎを楽しむ罰当たりな反応も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中