2020年 8月 14日 (金)

速報!就活戦線 ばっさり切られ涙の学生、浮気な彼らにとほほの企業

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   今回のテーマは「選考解禁後の動向」です。本稿公開は2016年5月30日。その2日後が選考解禁です。今まで水面下で動いていた大手企業も選考に入っていきます。

   その大手企業ですが、例年以上にリクルーターの活用に力を入れる企業が増えました。リクルーターは、採用担当以外の若手社員が務めるもので、出身大学の学生に声をかけ、やり取りしながら学生の適性を見ていきます。

   難関大学に限定されてしまうものの、時間をかけて学生を見ることができます。学生からすれば、年齢の近い若手社員と話すことができるので、会社の雰囲気などを理解できるメリットがあります。面談を重ねる中で、就職全般の相談も含めて学生とやり取りするリクルーターが多いのも特徴です。

連絡がぱったり途絶え

信じられるのは、神様だけ?
信じられるのは、神様だけ?

   しかし、リクルーターも社員ですので、通常の仕事の片手間に就活学生の相手をすることになります。しかも、社によってはノルマがあります。学生を何人担当する、何人を選考に上げる、切る......といった。

   リクルーターは、内定を出す可能性を感じる学生に対しては親身になって相談に乗ります。それは親切心からというより、面談対象の学生を増やすノルマがあるからです。そこで、メールからSNSに至るまで密につながります。

   ところが、担当の学生が内定者となる可能性がなくなった、つまり選考に漏れた状態になればどうでしょうか。他に仕事を抱えていますし、採用担当部署からも、「落ちた学生には変に期待を持たせないように。連絡は控えるように」と言われることもあります。

   かくて、リクルーターから落ちた学生への連絡がぱったり途絶えることになります。

   たまらないのは就活生です。これまでリクルーターが親身に相談に乗ってくれ、「自分には大手企業のリクルーターが付いている。就活も人生も、勝ったも同然」と思い込んでいたら、いきなりの手のひら返し。いくら連絡しても全然返事がありません。

「第一志望の企業なので、どうしてもその思いを伝えたい」
「もう一度、チャンスが欲しいと訴えてみたい」

   学生からそんな相談を受けることもあります。

   賢明なる社会人読者の方ならお分かりになるでしょう。これ、恋愛の別れ話と同じで、事実上もう別れたも同然なのです。あきらめきれない学生は、悪いたとえで言えば、別れ話に納得がいかないストーカー予備軍のようなもの。いくらメールを送っても、電話をかけても、詮ないことです。

   という話を相談してきた学生に話すと、相当の確率で嫌われます。ある学生は、半分くらい理解してくれながらもこう言いました。

「接触してからしばらくは親身になって。ダメになったら、スルー。なんだか人間不信になりました」

   うん、まあ。昔から言うじゃないですか、「戦争と恋愛は手段を選ばない」と。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中