2021年 1月 28日 (木)

誤クリックにも広告効果ありや? 「意図して」と同率の結果どう読む

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

広告会社は効果高める取り組み

   一方、「気になるものや面白いものなら内容を読む」(31.6%)、「お得な情報があれば内容を読む」(18.2%)といった回答も目立った。同担当者は、「消費者の興味を惹く広告を表示すれば、マイナスに捉える人の割合は少なくなることが改めて分かる」という。

   実際、広告会社側もネット広告の「効果を高める取り組み」に乗り出している。電通は6月から一般のデザイナーなどからネット広告の改善案を募集し、効果が高い案に切り替えるサービスを導入。博報堂も、消費者のデータをより詳細に分析し、効果的にネット広告を配信する仕組みを6月から開始する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中