2019年 11月 20日 (水)

いまさらの鬼軍曹式に新人ギブアップ 教育が必要なのはお前らだ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   多くの会社にとって、新人教育は大きな課題のひとつだ。優しすぎては育たない、厳しすぎても「パワハラ」と反発されかねない。絶妙なバランス感覚で新人に接することが重要だが、実践できている職場はそう多くはないのではないか。

   ネットを見回すと、「行き過ぎた教育」がもとで新人が次々と去って行ってしまっている職場もあるようだ。

有望株ばかり潰されて

上から目線になっていないか
上から目線になっていないか

   サイト「掲示板ミクル」に、「新人教育の悪循環」というスレッドが立てられた(2016年5月28日)。

   投稿者が勤める会社の新人教育係は、「怒られる内が花。怒られなくなったら終わり。どんどん先輩に怒られろ。それが起爆剤になってぐんぐん育つ」という考え方。しかし、ぐんぐん育つどころか、「新人の怒り方がイジメかと思うぐらいハンパではなく次々と辞めてしまいます」。

   怒られるのは「素直な子、実際よく動くエースになり得る子だなと思う子」で、「変わった人、反抗的な人等問題ありそうな人」については「話もしたくない」と、教育されないのだとか。

   有望株ばかりが辞めたり、急に休んだり、数日間連絡が取れなくなったりするので、「職場の空気は最悪」だそう。投稿者自身もいよいよ辞めたくなっているというが、どこに行っても同じなのか......と悩んでいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中