「んだすか!」銀行が秋田でコメづくり 三井住友、農業ビジネスに参入

印刷

   三井住友銀行は2016年6月15日、秋田県内で農業ビジネスに参入すると発表した。農地を所有して農産物を生産する農地所有適格法人(旧農業生産法人)を、農業法人「大潟村あきたこまち生産者協会」や秋田銀行などと共同で7月末に設立する。農地所有適格法人に銀行が出資するのは初めて。市場拡大が見込める農業分野への融資を伸ばす狙いがあるとみられる。

大規模化を進め

伝統のコメづくりも銀行が担う時代
伝統のコメづくりも銀行が担う時代

   新たに設立する農業法人は、人手不足の農家から農作業を請け負い、来春からは農地を借りてコメの生産を始める。今後、生産をやめる農家から農地を買い取るなどして大規模化を進め、10年後には秋田県内での生産面積を1000ヘクタールまで拡大する計画。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中