2018年 12月 13日 (木)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

燃費データ不正で1450億円赤字見込み 三菱自動車、好業績から暗転

印刷

   三菱自動車は2016年6月22日、17年3月期の連結最終損益で1450億円の赤字を見込んでいると発表した。16年3月期は725億円の黒字で、最終赤字となるのは8期ぶり。4月27 日に16年3月期決算を公表した時点では、燃費データの不正問題による影響を見極める必要から17年3月期の業績予想を「未定」としていた。

売上高16%減見込む

   売上高は前期比16%減の1兆9100億円、営業利益は82%減の250億円を見込んでいる。燃費データの不正が営業利益を550億円押し下げる。さらに、特別損失として顧客への支払いで500億円、軽自動車をOEM供給する日産自動車や販売会社などへの支払いや、水島製作所社員の一時帰休費用などで1000億円を計上。合計で2050億円の影響が出ると試算した。

傷ついた信用が回復するのはいつ
傷ついた信用が回復するのはいつ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中