2020年 9月 20日 (日)

逆境にも自分の居場所は見つかる 「適応の病」知るにはこの映画を

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

適応とは何かを教えてくれる

   「ショーシャンクの空に」(1994年)というアメリカ映画をご存じでしょうか。銀行の若き副頭取アンディ(ティム・ロビンス)は、ある日無実の罪で終身刑を宣告され、ショーシャンク刑務所に投獄されます。当初はひどい暴行やいじめにあったりしますが、彼はその逆境に耐え、レッド(モーガン・フリーマン)という親友を見つけ、自分の居場所を作り出し、変化に適応していきます。

   この作品は、適応とは何かを教えてくれます。職場でも同じです。環境に適応していくには、次の5つのポイントが重要になります。

(1)事前準備をしっかりとしておく
   新しい職場の仕事、人間関係、環境・文化などについて、できる限り情報を集め、周到な準備をしておきましょう。アンディは冤罪で入獄したわけですから、もちろん準備などできませんでした。準備がないと適応に手間取ることになります。

(2)「組織社会化」が上手なこと
   新しいメンバーが、組織の目標達成のために求められる役割を理解し、知識・規範などを身に付けて組織に適応することを組織社会化といいます。会社や職場にはそれぞれ独特の行動規範や文化があります。わからないことは周囲の人々に聞いて、よく和するようにすることです。アンディはレッドに導かれ組織社会化を果たしました。

(3)自分なりの役割を獲得する
   新しい職場では、そこにいるみんなのためにできるようなことは、率先してやりましょう。それを見た人は、あなたに対する信頼感を抱くでしょう。職場に心理的居場所があること、これが大事なのですね。アンディは、図書係という仕事に腰を据えて取り組み、図書館を受刑者にとって大切な場所へと変えていくことで、信頼を勝ち得ました。

(4)職場にとって必要な仕事のスキルを磨く
   職場は仕事をする場所です。即戦力が求められるのが現代です。なるべく早く仕事で職場に貢献できるようになりましょう。アンディは、銀行時代に身に付けた経理のスキルで強欲な刑務所長に取り入り、やがて自らの運命を切り開いていくことになります。

(5)心の自由と、希望を失わない
   どこででも生きていけるという自信が、あなたにとって大事です。まず、落ち着いて、目の前の仕事に全力投球しましょう。その成果が自信につながり、心の自由と希望を持ち続ける原動力となります。

   「ショーシャンクの空に」を見ると、この5つの心得がいかに大切か、よく理解していただけるのではないかと思います。(佐藤隆)

佐藤隆(さとう・たかし)
現在、「総合心理教育研究所」主宰。グロービス経営大学院教授。カナダストレス研究所研究員。臨床心理学や精神保健学などを専攻。これまでに、東海大学短期大学部の学科長などを務め、学術活動だけでなく、多数の企業の管理職向け研修にも携わる。著書に『ストレスと上手につき合う法』『職場のメンタルヘルス実践ガイド』など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中