大戸屋、会社側の人事案を可決 「お家騒動」を陳謝

印刷

   経営陣の新体制をめぐって創業家との確執が発覚した、定食屋「大戸屋ごはん処」をチェーン展開する大戸屋ホールディングス(HD) は2016年6月23日、東京都内で株主総会を開き、会社側が提案した人事案が賛成多数で可決された。

風通しのよい企業を

お膳をひっくり返すようなこともなく、会社側提案を可決
お膳をひっくり返すようなこともなく、会社側提案を可決

   大戸屋HDは、2015年7月に創業家の三森久実前会長が死去した後、「お家騒動」に発展。株主総会に先立ち、前会長の妻の三枝子さん(62)と長男、智仁氏(27)が取締役選任案に「納得できない」と反対を表明。対立が表面化していた。

   新体制は窪田健一社長(45)が再任。取締役8人のうち5人が退任する。

   窪田社長は株主総会の冒頭、今回の騒動について、「株主の皆さまに心配をかけ、おわびします」と陳謝したうえで、「風通しのよい企業風土をつくる」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中