2019年 12月 15日 (日)

こなれてきたよねクールビズ おしゃれをもう一歩進めるにはどうすれば

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今年も本格的なクールビズの季節になりました。

   「クールビズ」という言葉が使われ出した10年以上前に比べると、格段にオシャレになりました。導入当時は、ラガーシャツにチノパンとか、明らかにゴルフウェアとわかる装いの営業マンもいましたから。みんな手探り状態だったのですよねぇ。

襟元のきちんと感を

夏をおしゃれに乗り切るには
夏をおしゃれに乗り切るには

   さて年々オシャレになっていくクールビズですが、巷では今でもスーツの上着を脱いでネクタイを外しただけという姿も見かけます。せめてYシャツはクールビズ用に変えましょう。ネクタイがなくても襟元のきちんと感を演出するクールビズ用Yシャツは、マストアイテムです。

   さらにおススメしたいのが、クールビズ専用のボトムを購入することです。

   スーツのスラックスを履いている方も多いのですが、これではスラックスだけが消耗して、上下セットで着たときにバランスが悪くなり、結局スーツを買い直すことになります。上着だけ残しておいても、別のボトムと合わせることもあまりなく、結局クロゼットに置きっぱなしではもったいないですよね。

   クールビズ専用のボトムとして持っていると便利なのはホワイトパンツ。カラーやストライプのシャツ、ポロシャツなど、どのアイテムにも合わせやすくとても便利です。涼しい印象も与えますので暑い夏場にはピッタリ!

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中