社訓という生き残りの知恵 変化のために邪魔になることも

印刷

   若いビジネスマンには古くさい会社の象徴のように見える家訓、社是、社訓。成功長寿企業では、どのように扱われているのでしょうか。

   まず、有無を聞いたところ、「ある」と答えたのは256社、78%、「ない」は72社、22%でした。ほぼ5分の4の社にあるという結果になりました。これは明らかに長寿企業になるためのノウハウのひとつと言えます。

   さらに、あると答えた経営者に、それらを「破ったことがあるか」と尋ねたところ、「ある」は16%、「ない」は84%でした。すなわちアンケートを実施した企業の66%で「社訓などが存在し、かつそれを破ったことがない」という実態がわかりました。実直な企業が多いのですね。

非製造業には少ない社是、社訓

社訓を奉じる意義とは
社訓を奉じる意義とは

   このアンケートは、平均4代目の現役社長に尋ねていますので、3代目の経営はわかっているにしても、創業者や2代目が破ったことがあるか、ないかまで正確に把握して答えるのは難しいでしょう。しかし、「ない」と答えた以上、創業家の来歴にきずを残すような家訓破りはおよそなかったと解釈できます。善し悪しは別として、素晴らしい家風が引き継がれていると言えるでしょう。

   業種別に見ると、流通業の29%、非製造業の30%には社是のようなものがありませんでした。流通業、非製造業を除いた平均では85%にありました。このことから製造業のほうが多く、非製造業には少ないことがわかります。

   そこにはどのような考え方の違いがあるのでしょうか。

   流通業、非製造業には、一貫した経営理念や社是を大事にするよりも、時世の変化に対応するほうがより大事だと考えている会社があります。時代に合わせて、取扱商品を変えたり、販売方法を変えることのほうが、企業を長らえさせるために重要だということでしょう。そのためには、かえって社是や社訓が邪魔になることがある、と答えた経営者がおられました。

ブランドだけでは勝てない時代

   筆者が属している出版業界でも、中公新書で一時代を築いた中央公論社は倒産して、読売新聞社の傘下に入りました。昨今は、著者やタイトルで本を買う人がほとんどで、出版社のネームバリューで買う人は限られています。出版業界は、まだ日本語という非関税障壁に守られて、外国と勝負することはほとんどありません。が、他の多くの業界では国内外での厳しい競争にさらされています。

   10年前に私が訪米した時には、あちこちのホテルの部屋で日本製テレビが見られましたが、4月に2週間、5か所の訪問地を回った米国のホテルでは、ついぞ日本製テレビを見かけませんでした。ブランドだけでは技術と価格に勝てない、ということでしょう。

   シャープしかり。三菱自動車の問題も、根底には技術格差がありました。前回お話ししたように、技術による優勝劣敗があらゆる業界で起こっているいま、本来、取引実績とブランドで群を抜いている長寿企業が、経営要素の中でも技術を重視しているという戦略性は、さすがだと言えます。

   あなたが勤めている会社は、何によって他社との差別化ができているのでしょう。会社の今後の盛衰を占う大事な視点です。(浅田厚志)

浅田厚志(あさだ・あつし)
青山学院大学総合研究所・客員研究員で、長寿企業の経営哲学などを研究中。「出版文化社」代表取締役社長でもあり、創業以来、多くの社史・記念誌の企画制作や、出版企画プロデュースなどを手がけている。著書に『成功長寿起業への道』など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中