2018年 12月 19日 (水)

ココイチがインドへ出店計画 日本のカレーが受け入れられるか

印刷

   カレーチェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋(愛知県一宮市)はこのほど、インドへの出店方針を決めた。2016年7月8日、J-CAST会社ウォッチの取材に同社の広報担当者は、「(インドの国民に)受け入れてもらえるだろうと踏んでいる」と期待を述べた。同社は、すでに中国や東南アジアなど海外に160店舗ほどを展開しているが、インドへの進出は初めてとなる。「カレー発祥の地」で、日本で培ったノウハウを生かす。

マーケットが大きい

本場の評価は甘口?辛口?
本場の評価は甘口?辛口?

   同担当者によれば、「出店場所や現地での営業開始日など具体的なことは何も決まっていない」段階。出店を計画する理由については、インドがカレーの本場・発祥の地であること、カレーを食べる人口が多くマーケットが大きいことの2点を挙げた。

   インドへの出店計画は、16年7月6日の決算発表の場で浜島俊哉社長が明らかにしたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中