猛暑でルームエアコン爆売れ ダイキンは休日返上で増産に対応

印刷

   夏の暑さが本格化し、家庭用エアコンの売れ行きが好調だ。ダイキン工業(大阪市)によれば、2016年7月第1週の国内向けルームエアコン生産台数は前年同期に比べ1.5倍だった。同社の広報担当者は7月11日、J-CASTニュースの取材に「家電量販店の在庫がどんどんはけていく状況で、休日返上でフル生産の態勢に入ります」と話した。

在庫のあるものから売れる

ダイキンのルームクーラー
ダイキンのルームクーラー

   増産を決めた理由については、「やはり猛暑。去年は冷夏だったので、なおさら勢いが際立ちます」という。同社によれば、気温の上昇に伴い家電量販店のルームエアコン販売台数全体も、15年の2倍に迫る勢いだという。

   同社は、国内向けのすべてを製造する滋賀工場(滋賀県草津市)の操業を7月16日から18日までの3連休も続け、増産に対応する。16年度の国内向けの製造台数については、15年度の95万台を2万~3万台上回る見込み。

   通常最も売れ行きがいいのは最上位モデルの「うるさら7」やミドルゾーンのモデルだが、「本当に暑くなってくると(家電量販店の)在庫にあるものから売れていくので、現在もそうであるかどうかは分からない」(同担当者)という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中