プノンペンの一等地に巨大廃墟 ガウディではないが完成未定で

印刷

   日本の廃墟は長崎やら旧温泉街やらにあり、東京のど真ん中にはあまり見当たりません。しかし、私が住んでいるカンボジアの首都、プノンペンのど真ん中には、とんでもない廃墟がそびえ立っています。

   その名も、ゴールドタワー42。

映画の決戦舞台になりそう

ゴールドタワー42の完成予想図
ゴールドタワー42の完成予想図

   完成予想図のような燦然と輝く黄金のビルが建つ予定だった場所は、プノンペンの街を南北に貫く目抜き通りモニボンストリートと、(カンボジアにしては)お洒落なブティックが建ち並ぶシアヌークストリートが交差する、まさに一等地。「建つ予定だった」っていうか、一応は建っています。

   それも、写真のように長らくの間コンクリート剥きだしの状態で放置され。映画なら善玉とギャングの決戦の舞台にでもなりそうな工事現場が、東京で言うところの銀座の四丁目にあるような感じです。

   このゴールドタワー42は、韓国系の企業が2008年に建設を始めました。豪華なモデルルームと模型により販売を始めたのですが、同年、その企業が倒産し、2009年に工事が中断。その後、再開するも2012年にまた中断。翌2013年に再開され、2015年3月に再び中断と、めぐるましく中断と再開が繰り返され、劣化したコンクリート剥きだしのその姿が巨大廃墟の風格を漂わせています。

   2016年2月には4度目のリスタートをしておりますが、まあ、周りの興味は、「今度こそ完成するか?」よりも「今度はいつ中断するか?」のほうに集まっていますが。

素人目にヤバいビルも

すでに巨大廃墟のようなゴールドタワー42
すでに巨大廃墟のようなゴールドタワー42

   これぞ発展途上国という感じで、次々と高層ビルが建設されているカンボジア・プノンペンですが、ゴールドタワー42のように建設がうまく進まないものもたくさん出てきています。これは明らかにヤバいだろう......と素人目にも分かるビルもガンガン建っているので、カンボジアに投資をしようとしている方は、ぜひ現地に来て、自分の目で周りの環境を確認してから購入することをお勧めします。

   人が住むところに、廃墟あり。

   廃墟が生まれた背景から、その土地の特色をうかがい知ることができます。廃墟マニアの気持ちが、ちょっと分かってきました。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中