ホッコリするから貼ろうと... 社用に「ドラえもん切手」非常識か

印刷

   ディズニーやサンリオのキャラクターにドラえもん......今、様々なキャラクターを図案にあしらった切手が登場している。可愛いデザインの切手を貼るだけで殺風景な封筒が華やかに変身するのがうれしい。

   そもそもは行事やお祝いの挨拶状に使われるようにと発行された「グリーティング切手」であるが、ビジネスで使うのはよろしくないのだろうか。ネット上には「得意先に出すのに使いたいんだけど......」という問い合わせが寄せられている。

恥ずかしくて出せない

キャラもののほうが楽しいのに......ダメ?
キャラもののほうが楽しいのに......ダメ?

   Q&Aサイト「OKWAVE」に、「会社で使う切手 ドラえもんはダメなの?」というトピックが立てられた(2016年7月4日)。

   投稿者は、郵便局でドラえもんの切手を見つけ、会社で得意先に出す封書用として10シート購入した。ところが担当者に「ドラえもんなんて得意先には恥ずかしくて出せない」と言われてしまったという。

   「経営者の私的には無味乾燥な普通の切手よりも受け取った側はホッコリすると思った」が、「担当者の顔を立てて私用で使うことに」したとのこと。

「ドラえもんの切手で得意先に出すのは、そんなに恥ずかしいことなのでしょうか?もし受け取ったら、どう思いますか?」

と、問いかけている。

ふざけているのか、と怒る人も

   まずは肯定派。

「私も会社の経営者ですが、本当に大きな会社からの封書は料金別納で来るのは当たり前の話で、それ以外は切手なんてそれこそ色んな物を貼って来ますね。40年50年前の記念切手を数枚貼ってくるところもあれば、ドラえもん切手のところももちろんあります。なんといってもシールになってるので水につける手間が省けるのがいいと思います」
「実際にビジネスで使っていますし、ドラえもん切手で封書が届くところもあります。特に気にしません。というのも、何かの義援金だったり、色々あるじゃないですか。地域活性の為の~とか」

と、実際にそういうのが来るという例を示しながら「問題なし」とする。

   しかし、多くはNG派。

「わざわざドラえもんの絵柄の切手を使うということからして、ビジネスの常識を逸脱しています。そういうものはプライベイトでしか使うべきではないです。『ほっこり』なんてものはビジネスに求められていません」
「相手がアニメなど子ども向けの商品を扱う会社だったり、外資系の外国人が多くいる会社だったら、いいかもしれませんけどね。そういう遊び心のない会社はまだまだ日本には多いでしょう」
「テレビ朝日や東宝等の関連企業なら、まだいいけどライバル企業宛に出すのはいけませんし、確かにホッコリする人もいる反面、ふざけてるのかと怒る人もいるでしょう」

などと手厳しい。

   コラムサイト「HappyLifeStyle」でも、

「一般的ではない切手を見た担当者は、差出人に変わったイメージを抱く場合があります。真剣にビジネスをしようとする姿勢を疑われ、ビジネスの妨げになることもあるため、注意が必要です」

と警告、

「ビジネスで使用する切手は、普通のタイプを選びましょう。地味な切手で十分です。目立たせるのは、切手ではなく、書類の中身です」

とアドバイスしている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中