2021年 1月 25日 (月)

罰当たりな新人を葬儀に向かわせた ネット民の「ご縁ある」説得

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

お陰という部分があるかもしれず

   回答者からは、常識論が。

「余程のことがないかぎり参列すべきだと思います。自分なら参列します。告別式が無理なら通夜でもいいです。顔出したほうがいいですよ」
「モチロン、個人の意思の問題ですから、どうしても嫌なら、参加しなくて良いですよ。でも、世間は『ほぼ全員が参列します』で、多分、ソチラが正解なんでしょう」

など、「出席しておくべし」とのアドバイスが次々と寄せられた。

   「それが社会の常識だから」という理由にとどまらず、

「例え面識が全く無くとも、同じ会社にお世話になった人で、貴方が入社3ヶ月位でも、此れは縁だと想います。余程の予定が無ければ、参列を勧めます。此れからも何度かお葬式に行く事も有ると想うので、勉強の為にも参列された方が良いでしょう」
「同じ会社で働き、会社を愛した方で、現在、質問者さんが働けているのは、もしかするとAさんのお陰と言う部分があるかも知れず、全く無縁と言うことは、まずありません。また、そのAさんを支えてくれたご遺族に、同じ会社で働く者として、『ありがとう。気を落とさないで頑張って!』と言う気持ちは持てませんか?」

と、「縁」や「お陰」などの言葉で会葬の意義を説く書き込みもあった。

   こうした親身の説得を受け、投稿者からは後日、

「今回の告別式には社会勉強だと思い参列させていただきました。結果、行って良かったと思います。本当にありがとうございました」

との報告が。

   驚くばかりに後味のよい結果がもたらされたようだ。(MM)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中