2020年 7月 12日 (日)

「大学なんて行くだけムダ」 お騒がせホリエモン節に甲論乙駁

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   率直な物言いがたびたび議論の種となる、ホリエモンこと堀江貴文氏。またしても彼の発言が、ネット上で物議を醸している。

   「大学に行くのはお金と時間のムダ」というタイトルのインタビュー記事が公開され、その歯切れのよさに共感、反発入り交じっての甲論乙駁が繰り広げられているのだ。

使える教育一切なし

行く意味なし(写真は東京大学)
行く意味なし(写真は東京大学)

   堀江氏のインタビューを掲載したのは、KKベストセラーズのサイト「BEST TIMES」だ(2016年7月13日)。

   同社から新著『99%の会社はいらない』(ベスト新書)をリリースした堀江氏が連続インタビューに登場したもので、その第6回目で、大学と就職活動について語っている。

   まず、「僕自身も東大中退ですけど、そもそも大学にはほとんど通っていませんでしたからね」と断りを入れ、

「日本の大学なんて出たところで即戦力になんかならないんですよ。東大を含めてほとんどの日本の大学は実務的に使える教育なんて一切やっていませんから」

と一刀両断。また、卒業して一列並びで就職していく「新卒一括採用」を真っ向から否定し、

「確実にいらないですよね。学生にしてみたら、就活をすることで自分の人生を、自分で決められない要素を増やしているにすぎないし」

と断じる。要するに、大学でしか身に付けられないものなどないし、そうやって4年間なりを過ごして就職しても会社に縛られるだけ、と主張するのだ。

   さらに、新卒採用をしなかったというライブドア経営時代を振り返り、

「なんでも素直にハイハイ聞く人材なんて面白くもないし、自分から動かないで僕の言うことを聞いて欲しいとも思っていませんから」

と、「何色にも染まっていない」大卒新人をよしとする風潮に異議を唱えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中