2019年 11月 14日 (木)

手取り11万円の半分以上ローン 窮地脱する策、伝授されたし

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   貧富の差が社会問題とされるようになって久しい。今の世の中には、いろいろな事情を抱え、ぎりぎりかつかつの生活を送らざるを得ない人が実際にいるようだ。Q&Aサイト「発言小町」には、「契約社員で手取りは11万円。しかし住居費が6万7000円かかり、今後の生活が不安」という女性からの投稿があった(2016年7月22日)。

  • ライフラインすら心配になるほど
    ライフラインすら心配になるほど

手元に残るのは1万3000円

   女性は42歳のシングル。給料延滞などのトラブルから前職を辞め、別の会社に就職が決まったばかりだという。転職先は製造業、契約社員のため手取り額は月約11万円。

   しかし、5年前に家庭の事情から駅近・3LDKの分譲マンションを購入し、ローンや管理費・修繕積立金などに毎月6万7000円かかる。さらに光熱費・通信費・保険代などに2万円。食費・日用品は1万円以内で補う覚悟だが、手元に残るのは1万3000円ぐらいという計算だ。

   マンションは1100万円の35年ローンで、残額は950万円。現在の貯金は50万円だという。女性は、

「漠然とした不安のなか、将来が見えない状態です。少ない収入でやり繰りされている方や、色んな方面からの前向きなアドバイスをいただきたいです。こういった条件でも資格取得や、勉強して良い条件の職を見つけたよ、という例など」

と窮地を切り抜けるためのアイディアを募った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中