食わず嫌い国民にチャレンジ カンボジアで「わたあめ」売る

印刷

   日本は今、猛烈な暑さのようですが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか? 私はいま、カンボジアのイオンモールでわたあめを売っております。

ここだけ違う国のよう

おっかなびっくり、わたあめに人が寄ってくる
おっかなびっくり、わたあめに人が寄ってくる

   カンボジアでのイオンモールの位置づけは「国内で唯一最大のスーパーショッピングモール」です。言ってみれば、リトルリーグにイチローがやってきたくらいの衝撃で、このモールの中だけ違う国のようです。

   実際に物を売ってみると、本当に別の国だということがわかります。

   ここにたどり着く前、準備の段階では、不安がありました。カンボジアでは、わたあめはメジャーなお菓子ではありません。と言うより、ほとんどの人は見たこともありません。そして、見たことがない食べ物にチャレンジするのを恐れるという国民性もあります。

   なので、我々の「サムライカレー」というお店がある、市内のちょっと外れの地域で、わたあめの試食会をやっても、誰も食べてくれません。日本人がわいわい騒いでいるので寄っては来るし、なにか変なものが作られているようだ、とのぞいてはくれるのですが、いざ食べてもらおうと差し出すと、逃げていってしまいます。

   「これは......大丈夫か......」イオンモールでの販売本番に暗雲が立ちこめます。

   まずは1日販売してみて、様子をみて、わたあめがだめそうなら別のものに切り替える。その代替案も考えておく。そんな感じで販売をスタートしました。

   イオンモールでも、最初は遠巻きにしてあまり寄りつかないお客さん。ところが、実際にわたあめ機を回してみると、人が寄ってきます。「食べてみる?」というと、イヤイヤ...って顔をするのですが、「まあまあ」とか言いながら押すと食べてくれます。

   「やってみる?」とけしかけると、1人が割り箸を手に持ってわたあめを作りだしました。

様々なトラブル乗り越え

   そこからは、お祭りです。わたあめの綿が段々大きくふくれるように、次々と人が集まってきて人だかりができ、次から次へとわたあめが売れていきます。

   その商品がいい物だとお客さんに納得してもらうためには、まずは誰かに手にとってもらわなくてはなりません。そして、その商品をいいと思ってくれる人が増えると、物は次から次へと売れるようになります。営業という職種の大切さ、フリーミアム(基本のサービス・製品は無料で、より高次の機能は有料で提供するビジネスのしくみ)が成功している理由、それがリアルなお客さんの動きで理解できます。

   この取り組みは、「サムライカレープロジェクト」という研修プログラムの一環で、大学生を中心とした研修生が、自分たちで商売の売り物、価格などを考え、実際に海外で商売をしながら、ビジネスを学んでもらうというものです。

   イオンモールのあとも、「価格を変えると客足はどのように変わるか?」「場所を変えて、サムライカレー店舗周辺で売るにはどのようにプロモーションをすべきか?」など、マーケティングの4P(product price promotion place)を実地に学んでもらっています。

   途中でわたあめ機が故障する、病欠でスタッフが足りなくなるなど、様々なトラブルを乗り越えながら、商売を回していき、日々逞しくなっていく研修生を見るのは実に楽しく、こういう人たちが「わたあめ」みたいな日本の文化を世界各地に広げてくれたら面白くなるな、と思っています。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中