ローソンで自転車シェアリング 青森の4店舗からスタート

印刷

   ローソンとNTTドコモは、2016年8月23日から、青森県内のローソン4店舗で自転車のシェアリングサービスを始める。それぞれに専用自転車5台を用意し、旅行者向けに提供する。周辺の観光情報やサイクリングルートも案内する予定といい、まず青森市と弘前市の4店舗で始め、順次、導入店舗を増やしていく計画。サイクルシェアリング事業を手がけるドコモ・バイクシェアがシステムをサポートする。

  • シェアリングに導入される自転車
    シェアリングに導入される自転車

ウェブで予約、いつでもレンタル

   利用希望者はウェブサイトで事前予約し、発行されるパスコードを自転車の操作パネルに入力して、24時間いつでもレンタルすることができる。料金は3時間パスが500円、1日パスが1000円(ともに税抜き)。ドコモが提供する決済サービス「ドコモケータイ払い」、またはクレジットカードで支払う。

   今後、店舗の立地や利用状況をみながら、全国の店舗にサイクルポートの設置を検討していくといい、ローソンは、

「本サービスを通じて、全国各地の観光地の新たなインフラを目指すとともに、今後も全国の店舗網を生かし、地域のお客様の利便性向上に努めていく」

としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中