「老舗の洋食をホノルル便で」 JALがエコノミー客におもてなし

印刷

   日本航空は2016年8月18日、創業114年の洋食レストラン「資生堂パーラー」とコラボレーションした機内食「資生堂パーラー for Resort」を発表した。JALホノルル線(成田、中部、関西発便)のプレミアムエコノミーとエコノミークラスで9月1日から1年間提供する。

デザートはトロピカルフレーバー

「資生堂パーラー for Resort」の秋メニュー
「資生堂パーラー for Resort」の秋メニュー

   両社のコラボレーションは2012年以来、4年ぶり2回目。前回はJAL国内線ファーストクラス導入5周年を記念した企画だったため、同クラスのみでの提供だった。今回はエコノミークラスで銀座の老舗の味が楽しめる。

   9月から始まる秋メニューのメインには、代表的メニュー「ビーフシチュー」を用意。鮮やかなターメリックライスを合わせた。見た目の彩りや美しさにこだわり、ワクワク感を演出したという。

   サイドディッシュには、カリッと焼いたベーコンを混ぜ込んだ「ベーコンキッシュ」と、洋食店ならではの本格的な「ポテトサラダ」を添え、デザートは、ハワイらしくパイナップル風味に仕上げたチーズケーキを供する。JALがホノルル線用に開発したオリジナルフレーバーだ。

   冬メニュー以降は、資生堂パーラー開業当時から親しまれているチキンライスで仕立てた「オムライス」や、オリジナルの「ポティロンサラダ(カボチャサラダ)」など、同店の伝統的なメニューをベースにした機内食を順次提供する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中