人員はまず「適正配置」と強調 経営再建のシャープ新社長

印刷

   経営再建中のシャープの新しい社長に就任した台湾・鴻海精密工業グループの戴正呉副総裁が、抜本的な構造改革に着手する方針を表明した。

  • 傾いた経営を立て直すために
    傾いた経営を立て直すために

「削減ではなく」

   人員面での対応について、「人員は、削減ではなく、どうやって適正にするかが一番重要」と述べ、まず人員の適正配置の実施を強調した。2016年8月22日、堺市のシャープ本社で記者団の取材に応じた。コスト意識を大幅に高めることや、信賞必罰の人事を徹底する考えなども明らかにした。

   また、構造改革を進める方針を示した社員へのメッセージでは、2017年3月までの予定で実施中の給与減額を見直し、手当で一部補てんする考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中