2020年 7月 15日 (水)

働く母のお疲れ癒すものは? プチ贅沢もいいけど神ママは...

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   仕事をもつ母親がお疲れなのは明白なようだ。

   総務省の「平成23年社会生活基本調査」によると、仕事を持ち小さな子どもの子育てをする日本女性(末子が5歳以下)の平均睡眠時間は7.57時間。フランス(末子が6歳以下)の8.40時間、アメリカ(末子が5歳以下)の8.22時間など欧米諸国と比較しても群を抜いて低い数字だ。

   ネットでも、その例証に事欠かない。

  • この笑顔があれば
    この笑顔があれば
  • この笑顔があれば

内緒でこっそりケーキ、エステ

   女性のための転職サイト「@type」の調査によると、「仕事と育児の両立生活に疲れて『癒されたい』と思うことはありますか?」との質問にワーキングマザーの91%が「ある」と答えた(20代~40代の出産後に復職経験がある女性へのWebアンケート、2016年3月15~23日実施、回答者数100人)。

   具体的にどのような時間が癒やしになるか、については、

「夫に子どもを見てもらい、ゆっくり一人でお風呂に入ること」
「子どもたちが寝た後、一人でコーヒーを飲みながら録画したドラマを見る」
「たまにお休みを取って一人カラオケ」

といった回答が。どうやら「一人の時間」が、疲れを癒し心の平穏を保つのに欠かせないようだ。

   さらに、「夫や子どもに内緒でこっそり実践している自分を癒す方法はありますか?」の問いには、42%が「ある」と答えた。具体的には、

「デパ地下で高級ケーキを買って帰る」
「全身エステ・脱毛でピカピカになる」

といった「自分にご褒美」系の癒やしもあれば、

「Facebookで外国のイケメンっぽい人と会話」

などという、ちょっぴり危険な香りのする癒し法もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中