ポケモンも経済も地元民後回し プノンペンに君臨する者たち

印刷

   カンボジア・プノンペンのショッピングモールの近くを歩いていて、「Free Pokemon T-Shirt」という文字に出くわしました。

   一体何かと思って近づいてみると、最大手の携帯電話会社SMARTが「携帯に5ドルチャージしたら、ポケモンGO Tシャツプレゼント」というキャンペーンをやっていたのでした。

  • ポケモンGOのTシャツを着た筆者
    ポケモンGOのTシャツを着た筆者

流行に乗っかる姿勢はステキだ

   こちらの携帯電話はプリペイド方式が主流で、日本のSuicaのように先にお金をチャージして、使った分だけ引き落とされていき、0ドルになったら通話もネットも使えなくなるというしくみになっています。

   私は、月に3ドルくらいしか使わないので、5ドルもチャージしたくないのですが、Tシャツ欲しさについうっかりチャージしてしまいました。まんまと策略に乗っています。このTシャツ、株式会社ポケモンにライセンス料を支払っているのか微妙ですが、このように、流行に全力で乗っかってくる姿勢はステキだと思います。

   カンボジアのポケモンGOの状況ですが、ハッキリ言ってまだまだです。

   アイテムをもらえるポケスポットやポケモンを戦わせるジムも市内に数えるほどしかなく、ポケモンもめったに出てきません。日本でも、東京と田舎でポケモン格差がひどいと不満が噴出する状況になっていますが、カンボジアの場合、首都プノンペンでも日本の最下層に位置づけられる状態です。

   サムライカレーのスタッフが、「ボス、このゲームはどうやったら始まるんだ?」と聞いてきたので「カンボジアではまだ始まっていない」と答えました。一般の人が楽しめる段階ではないのです。

強いものがより強くなる状況

   こんな状況下なので、東京でレベル20まで上げてきた私は、カンボジアNo1のポケモンマスターになれるのではないかとひそかに思っていたのですが、そうは問屋が卸しません。

   数少ないプノンペンのジムに行ってみると、とんでもなく強いポケモンが君臨しており、私のポケモンは一瞬で蹴散らされます。私のレベルなんて雑魚で、海外でもっと強いポケモンを捕まえてきた人には全然歯が立たないのです。

   日本では、たとえ強いポケモンを使ってジムを占領しても、同じくらい強い人がたくさんいるため、そういう人に攻められてすぐに陥落します。しかし、プノンペンでは強い人が少ないため、かなりの長期間君臨することができます。しかも、長期間君臨することで強い者がより強くなるという状況が生まれています。

   これは、今のカンボジア経済の生き写しです。

   中国をはじめとする、強大な資本を持った企業がやってきて、どでかいショッピングモールやコンドミニアムを作って君臨する。そのショッピングモールやコンドミニアムは、普通のカンボジア人には縁遠いモノで、ほとんど恩恵はない。

   街の発展は始まっているどころか、加速度を増しているのに、庶民からしてみると「このゲームはどうやったら始まるんだ?」状態。カンボジア人が、巨大投資の恩恵を受けたり、ポケモンを捕まえられるようになったりするのは、一体いつのことなのでしょうか。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中