中居くんとキムタクのどちら? 経営者に向くとされるのは

印刷

   先日、私が顧問を務めさせていただいているD社を訪問しました。会社に着いてみると、社長は来客が長引いているようだったので、顔見知りの社員たちとしばし雑談をしながら待つことに。その中の一人、30代男性社員のFくんが、今世間を賑わせているSMAPの解散発表に触れて、こんなことを言いました。

  • 常に3つのことを
    常に3つのことを

「忠誠」か「恩義」か

「リーダーの中居くんを中心として、彼らを長年担当していた女性マネージャーに付いて独立を画策したのがキッカケなんでしょ。5人中4人が独立を望んだのに、キムタク一人が『事務所あっての僕ですから、僕は事務所に残ります』って同調しなかったことから、グループに亀裂が入ったとか。キムタクは組織人としては優等生ですよね。事務所社長の信頼感は増したでしょうし。先々の役員就任は決まりかな」

   サラリーマン的視点でなかなかおもしろい見方だなと思っていると、営業事務担当30代女子社員のTさんが話に割って入ってきました。

「私はキムタクファンをやめました。結局はキムタクが一人反対したから解散っていう話になったわけで、チームの和を乱してまで会社に忠誠を示すとか、ダサすぎですよ。自分一人だけイイ子になっている印象。キムタクが役員候補なんてありえない。事務所はむしろ、恩義を大切にしてSMAPの和を重んじた中居くんを大切にするべきです」

   こちらはこちらで、女子の目から見たサラリーマンの同僚格付けのようでおもしろいと感じました。

   組織内のチームに属する個人が岐路に立たされたとき、世話になった人への恩義を優先するか、帰属組織への忠誠を優先するか、チームの和を優先するか――どの価値基準を最優先するかは人それぞれであり、ケースバイケースであり、本当に難しい選択でしょう。

   SMAPのケースでは、中居くんは人に対する「恩義」を、キムタクは組織に対する「忠誠心」をより重んじて行動したように見えます。「恩義」を優先すれば「組織に属する自分の立場を分かっていない」と批判され、組織(=実権者)に対する「忠誠」を優先すれば、たとえ本人にその意図がなかったとしても、周囲からは「ゴマすり」「いい子ぶりっこ」と見られ批判の対象になりやすい。現実のビジネス社会でもよくあることです。

一度は社長の信任を得たが

   随分前の話ですが、中堅電機メーカーI社でクーデター未遂事件がありました。

   資本の関係で大手企業から天下り君臨しているワンマントップU社長を、一部の生え抜き役員たちが引きずり下ろそうとして水面下で画策したものでした。退任決議をしてプロパー政権に戻そうとする一味の動きを察知した、同じく生え抜きの社長室長H氏が、それを社長の耳に入れ未然に企てを潰したのです。

   密告的な行動で同じ生え抜きのクーデターを阻止したH氏の言い分は、

「社長を危機からお守りするのが社長室長である私のミッションであり、かつ社長解任劇の発生などは決して企業イメージ的にもプラスにならない」

という理にかなったものでありました。しかし、彼がその後ほどなく社長の意向で役員に抜擢されたこともあって、多くの社員からは裏切者呼ばわりされ、社内では浮いた存在になってしまいました。

   そんな組織(=実権者)への忠誠を重んじて行動しU社長の後継とまで目されるようになったH氏に、2年後、思わぬ展開が待っていました。

   H氏の常務昇格を内心で決めた社長が、内々示をしようと彼を自分の執務室に呼びました。現在の担当である人事部門からの異動希望の有無を確認する意味で、「何か次にやりたい仕事はあるかね」と社長が聞くと、H氏はこんなふうに答えたのです。

「私の希望をあえて申し上げさせていただくなら、以前の上司で大変お世話になった関連会社社長Sさんの手助けがしたいです。だいぶ苦戦をされているようなので、今こそ過去の恩返しができればと思っています」

経営者には3つのバランスが

   この一言で状況は一変しました。H氏は、常務昇格どころか、S氏が社長を務める関連会社の会長に転出させられたのでした。そもそもH氏の希望とは、関連事業を統括する役員としてS社長をバックアップしたいというものだったのですが、それが「役員の立場で過去の上司の支援をしたいとは何事か」とU社長の逆鱗に触れたのでした。役員たるもの、社長や組織への献身をおいて他者への恩義を口にするなど、決して許されることではなかったのです。

   私は異動の真意を社長に質し、その回答になるほどと唸らされました。

「残念でした。組織(=実権者)への忠誠、人への恩義、チームの和、3つのバランスがとれていない人間は経営には不向きです。クーデター事件の時、生え抜き社員でありながら外様の私に進言した彼は、そのバランスがとれていると思ったのですが、結局は違っていました。経営者は、会社経営を考えるとき、常にこの3つのバランスをとることが求められ、それを誤ったときに大きな失敗に陥るのです」

   U社長の考え方に従うなら、SMAP解散の一件では、恩義に偏って一方的に飛び出そうとした中居くんも、忠誠心に偏って和を乱したキムタクも、次期幹部としては失格ということになりそうです。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。 連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中