「工場」が人の心を引き寄せる ファンの熱い報告も次々届き

印刷

   近年、工場見学が人気を集めている。工場にまつわる薀蓄がメディアで語られ、写真集なども発売されるもてもてぶりで、「工場萌え」なるときめき表現も定着。最近は「モノづくり」の現場や産業の歴史を学ぶツアーも数多く行われている。

試飲・乗り物が上位に

工場の夜景に心ひかれる人たちもいるとか
工場の夜景に心ひかれる人たちもいるとか

   旅行サイト「トリップアドバイザー」が、旅行者の口コミ評価をもとに発表した「大人のための工場見学&社会科見学ランキング2016」によると、2年連続で「トヨタ産業技術記念館」(名古屋市)が第1位を獲得した(2016年7月27日公開。ランキング20位まで発表)

   以下、2位「JAL工場見学Sky Museum」(東京都大田区)、3位「サントリー山崎蒸留所」(大阪府島本町)、4位「ニッカウヰスキー余市蒸留所」(北海道余市町)、5位「アサヒビール博多工場」(福岡市)、6位「リニア・鉄道館」(名古屋市)、7位「マツダミュージアム」(広島県府中町)、8位「竹中大工道具館」(神戸市)、9位「トヨタ会館」(愛知県豊田市)、10位「鉄道博物館」(さいたま市)と続く。蒸留所やビール工場など製品の試飲ができる施設が9つ、電車・飛行機・車などの乗り物系博物館が9つランクイン。「竹中大工道具館」など、4施設が初登場となった。

   「JAL工場見学Sky Museum」では、整備工場見学のほか、クルーの制服を着て写真撮影ができる。「サントリー山崎蒸留所」ではウイスキーの試飲はもちろん、おいしいハイボールの作り方を教えてくれる。上位にランクインする施設は、どこも見学客の心をがっちりとつかむ工夫がされているようだ。

   どの施設も入場料が手ごろなのもうれしい。「アサヒビール博多工場」にいたっては入場料無料で、なおかつ1人タンブラー3杯までビールを振る舞うという太っ腹ぶりだ。

「アイス無限に食べ放題」

   ツイッターをのぞいてみると「工場見学マニア」の来館報告が熱く語られている。

「山崎蒸留所はまさに大人のためのテーマパーク」
「よく考えたら今までに明治チョコレート工場、山崎パン工場、サンスター工場、キューピーマヨネーズ工場、山崎蒸留所、アサヒビール工場、サントリービール工場、ORIONビール工場、多数のワイナリーブリュワリーを見学してきているから工場見学が好きなのかもしれない」
「シャトレーゼの工場見学行ってきたんだけど、これアイス全部無制限に食べ放題ってやばない?」
「本日はヤイリギターさんへ工場見学に行ってきました! 素晴らしい職人魂とアコースティックギターへの愛を感じ、試奏コーナーではどれも素晴らしいサウンドでございました!」
「工場見学はお金かからなくて最高のレジャー」

   この夏どこにも出かけなかったなあ......という人は、秋の連休にでも出かけてみては?

   どこに行けばいいのか迷ったときには、「社会科/工場見学を通して、日本のものづくり現場を紹介する」ナビサイト、「しゃかいか!」を参考にするといい。(KM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中