2018年 9月 23日 (日)

強い味方だぜ「ポケモンGO」 ソフトバンクもコラボに名乗り

印刷

   ソフトバンクは、全国に展開する約3700のソフトバンクショップとワイモバイルショップを、人気スマホゲーム「ポケモンGO」の道具を入手できる「ポケストップ」、捕獲したポケモン同士を対戦させる「ジム」などの拠点に設定する。同社が2016年9月1日、運営会社の米ナイアンティック社らとパートナーシップ契約を結んだと発表し、企画が明らかになった。具体的な実施時期は未定だが、ショップへの集客を促し、関連キャンペーンなどと併せて契約者数の増加につなげたい考え。

来店客数の増加を見込む

こうやって知らずしらずショップにおびき寄せられ......
こうやって知らずしらずショップにおびき寄せられ......

   コラボの狙いについて、ソフトバンクの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に、

「今回の連携で、ソフトバンクとワイモバイルのブランドに、より自然な形で接してもらえれば」

と話した。ゲームを通じて販売店の認知度アップが図れるため、来店客数の増加を見込んでいるという。

   国内の企業が「ポケモンGO」とこうしたコラボを行うのは、日本マクドナルド、TOHOシネマズに続いて3例目。日本でアプリ配信が開始された7月22日から取り組みを進めたマクドナルドでは、同月の来客数が9.8%増、売上高も26.6%増と好調だった。

「厳密にどれほどと言うことはできませんが、『ポケモンGO』とのコラボが来客数や売上高増に寄与したことは確かです」(日本マクドナルド広報担当)

   ナイアンティック社のジョン・ハンケCEOは、ロイター通信のインタビューに「さらに多数のスポンサーの参加を強く期待している」と語っており、今後、さらに多くの企業が「ポケモンビジネス」に参入していくか、注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中