2020年 5月 31日 (日)

バージョン7発売の影響及び 値下げドミノ待つiPhoneへき地

印刷

   iPhone7が発売されます。

   スマートフォンの進化もある程度頭打ちになった感があり、私はいまだにiPhone5sを使い続けています。3G→4の頃や、4→4Sの頃は、Androidもまだ使い勝手が悪かったし、iPhone自体もバージョンアップごとに劇的に進化を遂げていました。

  • 当地では「型落ち」が値下がりを待つ
    当地では「型落ち」が値下がりを待つ
  • 当地では「型落ち」が値下がりを待つ

庶民も中古iPhone片手に

   しかし、最近は、バージョンが上がっても、劇的な進化は期待できず、まあ買わなくてもいいかな......という感じです。また、Androidも進化しているため、10万円出してSIMフリーのiPhoneを買うモチベーションも生まれてきません。

   そんなiPhoneですが、カンボジア在住の私でもiPhone7は買えるのでしょうか? 答えは、「中古なら買えます」。

   iPhoneは、発売が発表されてから、順次各国で発売されていきます。アメリカや日本は早いですが、フィリピンやタイは遅いです。カンボジアなどは、おそらく世界の最後のほうに発売されるため、正規の販売はまだまだ先でしょう。

   ちなみに、新品のAndroidスマホが100ドル(10000円)くらいから売っているカンボジアでも、新品のiPhoneの値段は日本のApple StoreのSIMフリー版と大差なく、7万円とか10万円くらいになってしまいます。

   そんなものを、月給2万円のカンボジアの庶民が買えるわけはないのですが、街中にはiPhone片手に歩いている若者がたくさんいます。彼らが手にしているのは、おそらく中古のiPhone。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中