2019年 12月 15日 (日)

妥協できない「職場の雰囲気」 転職決める女性の胸先三寸

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   キャリアアップや結婚、出産など、女性は男性よりもライフステージの変化の影響を被りやすい。そのためか、男性に比べて女性のほうが転職率も高い(厚生労働省「平成27年雇用動向調査結果の概要」より)。

人気はあるが狭き門

職場の輪の中に溶け込めるかどうか
職場の輪の中に溶け込めるかどうか

   正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」が、「仕事の選び方」をテーマにアンケートを行なったところ、転職を希望する女性が何を重視しているかが分かった(調査対象:「エンウィメンズワーク」 利用者/有効回答数:女性595名/調査期間:2016年6月23日~7月20日)。

   まず、「就きたい職種」をたずねたところ、「一般事務」67%、「営業事務」33%、「総務・人事」23%、「受付」19%、「経理・財務・会計」16%となり、事務職が圧倒的な支持を集める結果となった。

   2016年6月の有効求人倍率は1.37倍。求職者に有利な状況が続いている転職市場だが、「一般事務」の有効求人倍率は0.28倍。非常に狭き門である。

   一概にはいえないが、仕事上の責任が重かったり、異動・転勤を求められたりする総合職よりも、ワークライフバランスの取りやすい一般職を望む女性が多いのかもしれない。

   ツイッターを見てみても、

「転職したばっかりだけど転職したい??わたしやっぱり管理系の事務の仕事の方があってる」
「転職するときは一般事務やりたい。PCと1日中睨めっこして珈琲飲みながら涼しいオフィスで仕事したい」
「次働くならお盆休みがあって、残業時間にすることは事務だけのとこがいいなぁ?...」

こんな感じで事務職を希望する人が多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中