2021年 1月 25日 (月)

悲報?低収入ほどアニソン好き 音楽の趣味に貴賤はあるのか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

ツイッターで大盛り上がり

   次に「年収500万円以上700万円未満」では、クラシック(23.8%)、ジャズ(19.7%)が平均を上回り、J-POP(61.2%)、アイドル(8.2%)、アニメソング(10.2%)が平均以下に。

   さらに「年収500万円未満」では、J-POP(67.8%)、アイドル(12.2%)、アニメソング(15.5%)が平均を大きく上回り、クラシック(20.5%)、ジャズ(11.5%)が平均値以下となった。ロック、R&B、演歌・歌謡曲については、どの年収層でも平均と大きな差はなかった。

   平たく言えば、「お金に余裕のある人はクラシック、ジャズが好き。アイドル、アニソンはあまり聴かない」ということだ。

   この結果を受けてツイッターでは、

「悲報www年収が高いほどクラシック好き、年収が低いほどアニソン好き」
「アニソン聞いてると低年収らしいぞW」
「クラシックも好きやし聞くが貧民やぞ。そんでもって歌って踊れて盛り上がれるアニソンが好きやぞ」
「わたしもクラシックを聞いて年収をあげよう」
「年収が上がるにつれクラシックやジャズが好きになるっていうのもなんか成金感あるよね。『俺は収入が高いから趣味や好みも高尚なんだ』みたいな香りが漂ってくる。偏見ではあるが」
「クラシックはオーケストラを実際に聴けば誰でも好きになる。演奏会に行ける金があるかどうかの問題だろこれ」
「気取ってんじゃねーよハゲという気持ち」

と大盛り上がり。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中