2021年 5月 9日 (日)

敏腕経営者もコロリお買い上げ 高額システム販売の殺し文句は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

導入企業から妙な声が続々

   パネラーの皆さんの発言を聞きながら、そんな思いを巡らせて一人ほくそ笑んでいると、ファシリテーターのF氏から意外なオチが披露されました。

「皆さん、このS社のシステムなのですが......。実は、導入した会社からその後、妙な声が続々と聞こえてくるのです。『システムは期待通り素晴らしく何の問題もないのだが、それを使いこなせる社員がいない』と。言ってみれば、フェラーリは買ったものの、その性能を引き出せるドライバーがいないという状態です。優秀な経営者ほど、提案に強く共感すれば高い買い物でも即決してしまう傾向があるのですが、忘れてならないのは、経営では常に『投資の前に人を育てよ』です。どうか皆さん、好調時ほど念頭に置かれますよう」

   発言をした方の顔つきが一瞬にして引き締まりました。パネラーの皆さんが「変革」や「飛躍」につなげる投資に前向きな発言をしたところでの、見事な切り返しでした。

   好事魔多し。業績好調で投資資金が潤沢な企業ほど、投資がすべてを解決してくれるかのように思えてしまうものですが、組織とは、どんな状況にあろうと、規模が大きかろうと小さかろうと、常にヒト優先で発展するもの。そんなF氏の話の落としどころに、私も強く共感した次第です。(大関暁夫)

大関暁夫(おおぜき・あけお)
スタジオ02代表。銀行支店長、上場ベンチャー企業役員などを歴任。企業コンサルティングと事業オーナー(複合ランドリービジネス、外食産業“青山カレー工房”“熊谷かれーぱん”)の二足の草鞋で多忙な日々を過ごす。近著に「できる人だけが知っている仕事のコツと法則51」(エレファントブックス)。連載執筆にあたり経営者から若手に至るまで、仕事の悩みを募集中。趣味は70年代洋楽と中央競馬。ブログ「熊谷の社長日記」はBLOGOSにも掲載中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中