2019年 11月 21日 (木)

早稲田に痛恨の読み違い 明治リード拡大 FX対抗戦

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日米の中央銀行が相次いで政策判断を発表し、投資家の注目を集め、早明両君とも少ない取引機会に全力を傾けた。明治NSは、ドルが下降局面へ向かうと判断した時点で利益を確定したが、その後の上昇までは読めず、ちょっと悔しい内容。早稲田YTは、日銀の発表の少し後、円売りが続くと見てドル買いに動いたものの、市場は「追加材料が見当たらない」と円買いに傾き、「非常に悔いの残る結果」に。明治が早稲田に対しリードを広げた。

kaisha_20160929105226.jpg

利益確定後の動きが予想外(明治)

   今週は、1回しか取引できなかった。

   9月22日(木)

   (1)15:09 100.255 ロング

   20日、21日に日銀金融政策決定会合と米連邦公開市場委員会という二大イベントがあった。日銀は総括的な検証の結果を公表することになっており、市場では追加緩和策が発表されるのではという見方も一部あった。

   一方で金融政策の限界も指摘されており、マイナス金利の継続程度で留まるのであれば、むしろ円高、株安が進むのではないかと考えた。

   また、米連邦公開市場委員会の注目ポイントは年内利上げが行われるかだ。今のところ、11月利上げの可能性はある。よって、要人の発言で展開によってはドル買いが一気に進む余地はある。

   日足チャートを見ると、前回の2回の谷はどちらも1ドル100円程度に止まっており、100円を割ってずるずると下がっていく可能性は少ないと考え、おそらく今回も下値圏だろうとロング。尻尾を捉えたわけではないので、建玉は少なめにして下落に備える。

   相場が荒れている≒ボラティリティが大きい(値動きが激しい)ということなので、FXには絶好の機会だが、個人的に今週末、重要な試験があるのでほぼ時間を割けず......。

   (2)22:19 100.637 決済

   指値を100.100に置いておいた。財務省の浅川財務官が日銀の金融政策に強気の発言をしたことから100.865を付けたが、そこを頂点に下がり基調。一旦は100.527を付けたが、そこから少し反発。そのまままた下がっていくと考え、ここで利確。損益は+38.2円。

   その後、予想と反して上昇トレンドが出来て、最大101.243を付けた。(明治NS)

   先週からの損益 +38.20円

   現在 1391.02円

早稲田YT
早稲田大学政治経済学部2年。大阪府出身。 【趣味】旅行 【将来の夢】金融機関で働きたい 【好きな食べ物】寿司 【尊敬する人】イチロー選手 【近況など】夏休みに英国短期留学を予定

明治NS
明治大学政治経済学部経済学科。秋田市出身。 【趣味】株式、FX、野球(小学校から高校まで軟式野球部)、ボートレース、戦国の歴史 【将来の夢】1000億円ぐらい稼ぎたい 【好きな食べ物】豆腐、枝豆 【尊敬する人】ジョージ・ソロス 【近況など】歴代首相の原敬、米内光政の家とは江戸時代末期の時点では親戚だったと最近分かった。単位がやばい
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中