三菱が「事実ではない」と反発 朝日のMRJ納入延期報道に

印刷

   三菱航空機と三菱重工業は、2016年10月3日、朝日新聞が10月1日付記事で、国産初のジェット旅客機「MRJ」の納入に延期の可能性があると報じたことについて、「現時点で納期変更を決定した事実はありません」とのコメントを発表した。

  • 飛行機に隠し事はない
    飛行機に隠し事はない

隠し事はない、と

   両社は、MRJの開発過程で生じた課題などについては、「関係当局やお客様にも説明し、ご相談のうえ、適切な対応を進めております。開発スケジュールを含め、告知すべき重要な事項を決定した場合には、速やかに公表します」としている。

   朝日新聞の1日付記事では、関係者の情報として「『技術的な問題で(納入が)遅れるリスクがある』と(顧客の航空会社などに)伝えた」とし、納入時期が、予定していた2018年半ばから遅れる可能性があると報じていた。さらに、三菱航空機が取材に対して「遅れる幅(時期)や詳しい原因を明らかにしていない」と書いていた。

   MRJは9月末、当初の計画より1か月遅れで、北米へのフェリーフライトを完遂したばかり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中