2021年 5月 13日 (木)

転職者は学生より服装に無頓着 面接で減点されないポイントは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

こうすれば学生っぽくならない

   続いて女性の場合です。特に今回は復職を希望する方について記します。

   (1)場違いなスーツ

   面接にはスーツと思う方は多いようで、いちおうスーツは着るのですが、お子様の入学式や卒業式・パーティーで着るようなパステルカラーのものや、派手系のブランド物で受けに来る方がいます。再就職=ビジネスパーソンへの復帰ですから、やはりビジネスにふさわしいスーツを選ぶべきです。

   また、よく「リクルートスーツを買うべきでしょうか」と聞かれますが、学生と同じ黒スーツ&白シャツでは浮いてしまいがち。黒・グレー・茶系などのシンプルなデザインのスーツにカットソーやカラーシャツを合わせると、学生っぽくならずに済みます。

   (2)カーディガンを羽織る

   スカートやパンツに合わせてカーディガンを着てくる方もいます。カーディガンはカジュアルな印象で、仕事に対する真剣さ(採用してほしい! という意欲)が感じられません。面接官の多くは、スーツやジャケットを着用して面接に臨んでいます。受ける側がカジュアルな格好では、会社や面接官への敬意が感じられません。

   このように、少し気をつけるだけで減点要素がなくなります。面接時には、それが採用への大事な一歩なのです。(篠原あかね)

篠原あかね(しのはら・あかね)
リクルートにて企業研修アシスタント、金融機関等での役員秘書を経てビジネスマナー講師として活動。2011年よりスマートコミュニケーションズ代表。ビジネスマナー、コミュニケーション、CS向上等の企業研修のほか、自身の宴会幹事経験をもとに「愛される宴会部長セミナー」も主催。著書に『宴会を制する幹事は仕事も制す。』『マンガ 黄金の接待』(監修)などがある。お客様や社内で愛されキャラになるコツを悩める社会人へ発信中。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中