配偶者控除の廃止、見送りへ 「103万円の壁」引き上げ検討

印刷

   所得税の配偶者控除の廃止が2017年度は見送られる見通しになった。2016年10月12日付で朝日新聞などが報じた。

  • 「夫婦控除」の導入は先送りに
    「夫婦控除」の導入は先送りに

150万円程度に

   女性の積極的な就労を妨げているとの指摘から、政府・与党は当初、働き方にかかわらず控除を受けられる「夫婦控除」の導入を視野に入れていたが、当面は配偶者が収入を増やしても控除が受けやすくすることで対応。パートの年収の「103万円の壁」を引き上げ、配偶者控除を受けられる人を増やす。

   財務省は、配偶者控除の対象を年収103万円から150万円程度に引き上げる方向で検討する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中