2018年 10月 18日 (木)

「ユニクロ」税引き後利益半減 主力の国内事業が振るわず

印刷

   カジュアルウェアの「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが2016年10月13日に発表した16年8月期連結決算(国際会計基準)によると、税引き後利益が前期比56.3%減の480億円となり、2年ぶりに減益となった。

アジアは好調なのだが

どうした? ユニクロ
どうした? ユニクロ

   売上高は前年比6.2%増の1兆7864億円、本業のもうけを示す営業利益は22.6%減の1272億円。主力である国内のユニクロ事業が上期(15年9月~16年2月)、暖冬や値上げの影響で振るわなかったことや、円高で為替差損が膨らんだことが響いた。ただ、東南アジアを中心に海外販売は好調に推移している。

   業績の伸び悩みを受けて、2020年度に5兆円を目指すとしてきた売上高目標を、3兆円に引き下げることも明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中