2020年 10月 29日 (木)

ついにポイ、ポイと断捨離決行 心晴ればれ気がつくとそこには

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

確かに「見極める力」がつき

   「ときめく or ときめかない」は、物に対する恋心の有無かもしれない。古いけれども情が湧く服は、『古女房』や『濡れ落ち葉亭主』のようなものだろうか。ときめきはないが情はある。だから残しておこう......とはならず、あっさり切り捨てるのが「こんまり流」であるが。

   結局、クローゼットの中から引っ張り出した「ときめかない物」は、45リットルのゴミ袋1つ分に膨れ上がった。捨ててしまおうかと思ったが、セコイ私はゴミ袋をリサイクルショップへ持ち込んだ。「買取価格が分かりましたら、番号札でお呼びします」と言われ、待つこと15分。

   「いくらになりますか?」「10円ですね~」......え? そんなもの? せめて100円くらいにはなると思っていたのに。「状態によってお買取できないものもありましたので」と、きわめて業務的なこの店員もきっと、鑑定しながら「1つも『ときめく』物がないな、ゴミばっかり」と舌打ちしていたに違いない。

   手渡された10円玉を小銭入れにしまい込み、帰りに「ファッションセンターしまむら」へ寄った。ほんの暇つぶしのつもりが、なぜか「素敵な服」がいつもよりたくさん見つかる。

   ハッと気づいた。 服への「ときめき」を判断する力は、物を捨てる際にも有効だが、買うときにまで発揮されてしまうのである。「これ、ときめくから欲しい!」と、私はまた服を買ってしまう。ときめきを判断する力を研ぎ澄ました結果、目が肥えて欲しいものも増えたのである。 結局、10円の儲けどころか3000円超の赤字。トホホな断捨離であった。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。近著『インターネットで死ぬということ』ほか、『本当は結婚したくないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中