2020年 8月 4日 (火)

性格合わなくても心開いてみろ それが上司と付き合うコツ(江上剛)

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

上司に好かれない部下は不幸だ

   あなたのいう仕事ができるが、尊敬できない上司は、本当の意味で仕事ができないのではないだろうか。

   尊敬できない理由をよく考えてみよう。それが金やハラスメントが原因なら会社のコンプライアンス部門に告発しよう。

   そんなことじゃなくてなんとなくの性格の不一致なら、それはあなたが心を開くべきだ。

   上司だって人間だ。部下に対する好き嫌いはある。どうしても好きになれない部下がいるんだ。そんな部下はものすごく不幸だ。どんなことをしても上司に嫌われる。

   私の先輩は、どうしても性格の合わない上司と飲んだ席で、その太ももをピシャリ、ピシャリと叩いた。

   すると怒るか思いきや上司は大喜びして、先輩と仲良くなった。上司は、皆から怖がられていて、部下が相手をしないので寂しかったようなのだ。それで先輩が叩いたことがうれしかったみたい。

   なんだか変態みたいだが、自分から心を開け! これが上司と付き合うコツだ。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中