染みついた「社畜芸」が身を救う 漫画「修羅コーサク」の笑い所

印刷

   早朝から電車に揺られ、会社に着いたら上司からの「ありがた~い」お話が。取引先では無茶なゴリ押しに笑顔で応え、気が付いたら今日も終電――かような「社畜」たちを笑いで勇気づけてくれそうな痛快漫画が当節、注目を集めている。その名も「社畜!修羅コーサク」。何だか聞き覚えのあるようなタイトルだが......。

理不尽のたび繰り出す「スキル」

電子書籍版「社畜!修羅コーサク」
電子書籍版「社畜!修羅コーサク」

   江戸パイン作の漫画「社畜!修羅コーサク」は、はじめイラスト・漫画投稿サイト「ニコニコ静画」で公開され、2016年9月20日には単行本第1巻が講談社から発売された。

   主人公の図画コーサクは、「武辣苦(ブラック)商事」に勤務する真面目な社員だが、Fuckoka(ファックオカ)の墓多(ハカタ)という架空都市の墓多死社(ハカタシシャ)に左遷されてしまう。

   墓多はなかなか刺激的な街だ。道端の木を見上げたコーサクは「木にパイナップルがなっている...やはり東京とは気候が違うな...」と大真面目に感想を漏らすが、それはパイナップルではなく手榴弾だった。繰り返すが、墓多は架空の都市だ。

   そこで様々な理不尽に見舞われるコーサクだが、それらのピンチを社畜生活で身につけたスキルで見事に切り抜けていく。

   例えば、言葉の意味がわからず会話が成立しない相手の話を聞く時の「社畜リスニング」。

   オシャレでイケメン、しかし怒らせたら手がつけられない「元ヤンチャボーイ」の先輩・ファク山に、風呂を沸かす「バランス釜」の使い方をたずねたコーサクだが、「ファクる」「ファク認」「みんな違ってみんなファク」など、意味不明な「ファックトーク」にたじろいでしまう。

   しかしコーサクは決して事を荒立てない。「話の腰を折らない」「頷きや相槌を適度にうつ」「先入観を持たずに聞く」「表情や態度から話し手の真意をつかむ」「話の要点をおさえメモをとる」の5つのポイントを守り、「あなたの話に集中しています」という恭順の態度を示し、ひと通りトークが終わってから「最後に100個だけいいでしょうか......」と疑問点を質した。この社畜リスニングでファク山の機嫌を損ねずに済んだ。

   次に「社畜謝罪」。コーサクのよくできた社畜っぷりに自分のポジションが脅かされる恐れを感じたファク山が、コーサクを陥れるため、取引先との会食の店を勝手にキャンセルしてしまう。

   店に入れなかった取引先は怒り心頭、「武辣苦商事さんとのお付き合いも考えさせてもらうよ」とカンカンだが、コーサクは、「ネコが肛門を見せ相手に敵意が無いことを示す」ようにも見える、「体躯を限界まで折りたたみ尻を高く突き出す」ポーズで謝罪を始める。

   ポイントは、「ファク山にハメられた」などと言い訳するのではなく、「自分の非を認めること」「責任を認めること」「今後の対策を話すこと」「相手の感情を思いやること」「最後にもう一度お詫びの言葉を述べること」だ。これで機嫌を直した取引先の許しを得て、その場を何とかしのいだ。実に、私情を殺して会社に殉じる社畜の誠実さが涙と笑いを誘う。

「島耕作」は「許した」

   ところでこのタイトル、お察しの通り「島耕作」シリーズのパロディだが、同作の作者、弘兼憲史氏は、第1巻の帯に、

「私は許した。博多の皆さんも許してやってほしい」

とメッセージを寄せている。その度量の広さに対し、単行本巻末には「弘兼憲史先生のみ有効」とする「肩たたき券」「奥歯のえのき取る券」などの「憲史先生専用便利券」を付し、弘兼氏への謝意を示した。

   そのぶっ飛んだ内容で注目を集める「修羅コーサク」、講談社の「ヤングマガジン」(2016年10月17日発売)に「出張版」が掲載され、さらに注目度が上昇。ツイッターでは、読者から、

「社蓄 修羅コーサク...バカバカしすぎて最高やな」
「社畜修羅コーサクは、いよいよヤンマガ本誌にも出張掲載する程の社畜に恥じない行動っぷりに脱帽」
「真面目に馬鹿をやりきる良マンガでした。面白かったです」

など、高い評価が続出している。中には、コーサク同様「社畜」の身の上を自嘲するように、

「弊社はわりと徹底したペーパーレス化が図られている方だと思うんだけど、節目節目に行われる会長のお言葉を聞くときだけはみんな修羅コーサクばりの社畜リスニングをするのだ」

と、自分も「社畜スキル」を使っていると報告を寄せる人もいた。

   単行本は定価602円、電子書籍版は500円(いずれも税別)。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中