2019年 6月 19日 (水)

「一丁やってみるか」民泊ホスト その魅力とリスクを秤にかけて

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   女性のための転職サイト「@type」で、民泊事業にチャレンジしている女性の声が紹介された。普段は民泊事業やインターネット付随サービスを行う会社に勤務しているが、自分でも副業として民泊ホストを営んでいるという。

月2万円の投資で高い利回り

インバウンド効果で民泊の需要も高まる
インバウンド効果で民泊の需要も高まる

   福岡市のJR博多駅から徒歩10分のところにあるワンルームマンションを約500万円で購入。月々の返済額は2万円程度だが、民泊で得られる収入は稼働率50%でも月に11万円強。利回りでいえば20~30%にもなる数字だ。

   この女性によると、民泊をはじめるポイントは以下の通り。

・ 立地の良いエリアに物件を用意する(部屋を清潔にするのはもちろん、外国人観光客が喜ぶよう、畳とちゃぶ台などで日本文化を演出することも必要)

・ 多くの外国人観光客の目にふれるよう仲介サイトに登録する

・ 鍵の受け渡しや、宿泊後の清掃をきちんと行う(自分で行うことが難しければ、運営代行サービスを使ってもよい)

   ツイッターに声を拾うと、民泊に関心を抱いている人がかなりいるようだ。

「民泊したいんだよなあ。ホスト側で」
「あ?、ホストやりて??。海外でゲスト体験してるから、いろんなアイディアすげー出てくる」
「民泊事業に参戦したいと思います。うちのもんとあれこれ作戦会議を重ねています」
「ぶっちゃけ、不動産で儲けたいなら民泊が一番。マンション投資なんて目じゃない。ただし、バレたらリスクでかいけど」

   漠然とした「夢」から具体的な計画まで、さまざまな前傾姿勢が示されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中