2018年 9月 23日 (日)

高卒者の離職率、4年連続増 「転職しやすいのでは」と厚労省

印刷

   2013年3月に高校を卒業して就職した新卒者の3年以内の離職率は、12年の新卒者より0.9ポイント高い40.9%にのぼり、4年連続で増加した。厚生労働省が2016年10月25日に発表した。不動産業、物品賃貸業が12年新卒者と比べて0.4ポイント増の48.5%、製造業は1.1ポイント増の28.7%で、それぞれ離職率が上がった。

  • 高校卒業後3年以内に転職する人4割
    高校卒業後3年以内に転職する人4割

大卒者は「ほぼ横ばい」

   離職率が高い背景に、厚労省は「大卒と比べて高卒は求人環境がよいので、転職しやすいのではないか」とみている。

   一方、2013年の大卒者で就職後3年以内に離職した人は31.9%だった。12年の卒業者に比べて0.4ポイント減った。厚労省は「ほぼ横ばい」と分析している。

   大卒の離職率は4年連続30%台で推移している。業種別では、宿泊・飲食サービス業が50.5%と最も高く、生活関連サービス・娯楽業が47.9%、教育・学習支援業が47.3%と続いた。

   企業の規模別にみると、従業員1000人以上の場合は23.6%だったが、5人未満だと59.0%で小規模ほど離職率が高い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中